メニュー

闇金被害から解放されたい

闇金は違法な金利で貸付けを行います。トイチやトゴなど、たったの10日で1割りや5割といったむちゃくちゃな利息を要求してきます。お金に困っている人が闇金で借りて、普通には返済ができません。あっという間に利息は膨れ上がり、財産も搾り取られてしまいます。

 

そうなってしまわないよう、闇金には絶対に手を出してはいけません。

 

しかし、どうしてもお金が必要でついつい手を出してしまった、安全な業者だと思って借りたら闇金だった、無理やり闇金から貸し付けられてしまった、などの理由で闇金に手を出してしまう人もいます。一度借りたら抜け出せないと言われているのが闇金です。

 

 

闇金で借りてはいけない理由

闇金で借りてはいけない理由として、法外な金利があります。10日で5割などの利息を要求されてしまうと、利息の支払いすら間に合わずに、元金は全く減りません。初めに借りた数万円が、あっという間に数十万円、数百万円と増えていきます。

 

闇金で借りてはいけない理由は、金利だけではありません。一度手を出してしまうと、元金の返済を中々させてもらえません。元金を返そうとする日だけ連絡がつかなくなる、返済後は無理やり口座に貸付けて来る、といったやり口を当たり前のように行います。

 

闇金を利用すれば、その顧客情報も守られません。本来個人情報は、流出しないように最大限の注意が払われます。ニュースでもあるように、個人情報流出は会社が傾くほどの大問題になるからです。しかし闇金は元々が違法業者であり、秘密を守るどころか、他の悪徳業者へ情報を与えるような行為も平気で行います。

 

法律家への相談

もしも闇金に手を出してしまったなら、自力での解決は困難です。掘っておけば自分だけではなく親などの財産まで狙われてしまいます。手遅れになる前に、法律家への相談をするのがベストです。法律家に相談するのには、いくつかのメリットがあります。

 

法律家に相談すれば、闇金の取り立てが止まります。すでに闇金を利用しているのであれば、取り立ての辛さは十分すぎる位わかっているはずです。法律家に相談すれば、その後の返済について決まるまでは、取り立てをしないようにできます。

 

法律家に相談するので、その後の闇金業者との交渉は専門家が行ってくれます。自分自身はもう闇金業者と話し合いをする必要はありません。もしも相談後も自分で色々と話をしなくてはいけないのであれば、それは怖いですしうまくやり込められる可能性もあります。祖のような心配はしなくとも、全ての交渉は専門家から行われます。

 

結局闇金への返済は無用で解決できるケースが多いです。元々違法な金利で貸付けを行っている場合、そもそもの元金を含め、返済する義務がありません。消費者金融などの正規貸金業者相手の場合には和解などの手段もありますが、闇金相手であれば交渉後の展開は有利になります。

 

法律家に相談すれば、今の取り立てが止まり、その後の交渉も行う必要はなく、借金を返す必要も恐らくなくなります。借金が無くなるのもそうですが、取り立てなどから解放されるというのは精神的に大きなメリットです。

 

最近では闇金の被害を受けている方の専用の電話番号を用意している法律事務所もあるため、日々の闇金からの取り立てに困っている方はヤミ金被害の解決に向けた相談を行うようにしてください。

 

法律家に相談すると嫌がらせを受ける?

よくある話ですが、警察に言うな、弁護士に言うな、というおどしをかけてくるケースもあります。その場合にもこっちはプロだ、どうやってでも取り立てると、こちらが不安になる位強気で対応してきます。法律家に相談などすれば、嫌がらせを受けて益々状況が悪化すると勘違いしている人もいます。

 

しかし、法律家に相談して困るのは、自分ではなく闇金業者です。法律家から訴えられれば、闇金業者は普通に捕まってしまいます。リスクを考えれば、闇金業者が嫌がらせをしてまで、法律の専門家にあらがうメリットがないのです。恐れずに相談するのをお勧めします。

 

闇金の問題は単純な債務整理の相談とは異なる内容となる場合があるため、専門とする弁護士や司法書士を探した方が良いでしょう。